NEWS

気になったニュースのメモ用ブログ

「+675」から始まる着信には決して折り返してはいけない

パプアニューギニアからの着信

 

「+675」から始まる着信が来た場合、折り返し電話をしてしまうと高額な通話料金が発生するらしい。

 

ソフトバンクでも注意喚起がされている。

 

www.softbank.jp

 

ソフトバンクの回線からパプアニューギニアへの発信は「249円/30秒」かかる料金設定になっているらしいので、1分で約500円もの料金が発生してしまう。

 

おそらくパプアニューギニアの通信会社が絡んでいるのだろうが、国際電話がよく掛かってくるような人以外、+のついた国際電話の表示にはリダイアルしない方が良さそう。

 

ただ携帯電話の場合は簡単にリダイヤルされてしまうこともあるので注意。