NEWS

気になったニュースのメモ用ブログ

JASRACに56万人NO!音楽教室から著作権料を徴収するということ

 JASRACの独占が諸悪の根源?

 

音楽教室で使用している楽譜に対しては楽譜を購入することにより著作権料を支払っています。

 

今回問題になっているのは教室で先生が子供たちに弾いて聞かせるという行為が演奏に当たるということでの著作権料の徴収。

 

www.asahi.com

 

教室によっては著作権の切れた曲のみを使うことにより発生しないようにもできなくはないけれど、そうなると生徒が好きな曲を演奏するという自由を奪ってしまいかねない。

 

音楽教室で習っているのはこれから音楽を広めてくれると思われる子供達が大半を占めると思われることを考えると、その子供たちの負担を増やして音楽に触れるきっかけがなくなると本末転倒ではないかと思います。

 

そして今ほぼ独占状態である JASRACに対しての反感もより強くなりそうな気がするのですけど。